ゆうゆうの登山紀行

松阪・飯南・飯高の山

 

 

山の名前
初登頂
及び最終登頂
回数
コメント
枡形山 (ますがたやま)
312.6m  
平成20年12月28日
平成21年1月25日
2回

山頂は阿坂城跡になっています。北は椎ノ木城、南は白米城と呼ばれていました。白米城の由来は、応永22(1415)年に、この城で北畠満雅が足利軍に兵糧攻めにあおうとされていた時、篭城する満雅は、馬の背から白米を流して水があるように見せて、足利軍を退散させたと伝えられているものです。

鉢ヶ峰 (はちがみね)
420m  
平成21年1月25日
1回

枡形山 の南に位置し、山名のように鉢を逆さにふせた様な形をしています。周辺は、自然林が所々残されていて、フジやツツジを見ることができます。

日川富士 (ひかわふじ)
508m  
平成21年1月25日
1回

鉢ヶ峰と観音岳のちょうど中間に位置します。伊勢から国道23号線を津方面に走ると、松阪近辺でひときわ目立つ円錐の山が見えます。最初は、形が似ている髯山と勘違いしていました。

観音岳 (かんのんだけ)
605.9m  
平成20年12月28日
平成25年4月21日
3回

堀坂山の北に位置しています。山頂の北に観音様が奉られていますが、名前の由来かどうかは分かりませんでした。
平成21年1月25日

堀坂山 (ほっさかさん)
757.4m
平成8年
平成25年4月21日
2回
松阪市街の西にそびえる、ひときわ際立つ山です。松阪では知らない人がいないという、ファミリー向けで非常にメジャーな山です。
白猪山 (しらいさん)
819.7m  
平成9年3月
1回
堀坂山の西に位置します。山頂付近の明るい草原は、とても植林の山とは思えない雰囲気です。本当の三角点がある山頂は、少し奥まった所にあります。
烏岳 (からすだけ)
545m
平成23年1月27日
1回
白猪山の真南に位置します。『南勢雑記』に「からす山 からす集まる夕間暮 嶺に残るは西の陽の影」と歌われているように、からすが集まる山だから烏岳です。その整った山容といい、里山のお手本のような山です。

局ヶ岳 (つぼねがたけ)
1028.8m  

平成9年
1回
堀坂山と白猪山と局ヶ岳は、伊勢の三星といわれます。船乗りが伊勢湾を航行する時、同じ高さに見えるこれらの山を、目印にしたそうです。ちょうど見る所からの距離と標高がうまくマッチしました。
お熊ヶ池(おくまがいけ)
740m

弁天山(べんてんやま)
793.9m
平成15年4月27日
1回
お熊ヶ池は、飯高町の南、宮川村との境に近い深い山中にある池です。神秘的な雰囲気と、蛭が野高原から移植された水芭蕉が、3月の終わりから4月の終わりにかけて花を咲かせます。
弁天山はそのお熊ヶ池を抱きかかえるように鎮座しています。本地山という名前もあるようですが、頂上のプレートは、すべて弁天山になっていました。

三峰山 (みうねやま)
1235.4m  

平成9年
平成23年1月23日
5回
三峰山は、北西が奈良県、他が三重県に属した、県境の山です。一番賑うシーズンは2月。霧氷を求めて、大阪方面からバスツアーで続々来ます。
平成16年2月8日
平成18年11月5日
平成19年1月21日
高見山 (たかみやま)
1248.9m  
平成9年
平成18年2月11日
3回

三重県を南北に割った中央の西端に位置します。高見峠からは約50分で山頂に立てます。ここから南方面は山深いので一人で行くのは止めます。
平成15年4月27日

 一志・美杉の山伊勢・志摩の山

このページの先頭へ