ゆうゆうの登山紀行

登山活動歴

活動年
主な活動歴・活動状況
 2015年 (平成27年)
 2016年 (平成28年)
 2018年 (平成30年)

御嶽山のコマクサ・経ヶ峰の長野峠コースを完全踏破。 ・経ヶ峰の柳谷コースを初歩行。 ・座佐の高へ初登山。  ・アユトンさんの餅つき大会に4度目の参加。 ・奈良県上北山の又剣山に初登山。 ・5月に膝を壊しハードな登山を封印。 ・平成28年1月31日の経ヶ峰を最後に登山活動を中止。 ・平成30年8月18日に木曽駒ケ岳にテント伯登山をし登山活動復活。

 2014年 (平成26年)

御嶽山のコマクサ・五ヶ所の馬山と浅間山に初登山。 ・熊野市の鷲ノ巣山に初登山。 ・南伊勢町の局ヶ頂に初登山。 ・大台ヶ原の地池高に初訪問。 ・約2年ぶりに鈴鹿山脈最高峰の御池岳に登山。 ・度会郡の大紀町と南伊勢町の境にある大河内山に初登山。 ・御嶽山を山開き前に登山。9月にマサカの噴火。 ・オオヤマレンゲとショウキランを求めて大峰の八経ヶ岳に2週続けて登山。 ・標高第三位の奥穂高岳に二度目の登頂。 ・20年ぶりに地元の長谷山へ登山。

 2013年 (平成25年)

鳳凰三山の地蔵岳・初登山が1月20日と出遅れ。 ・松阪の烏岳に初登山。 ・志摩の青峰山に初登山。  ・アユトンさんの餅つき大会に2度目の参加。 ・経ヶ峰末峰の愛宕山に初登頂。 ・経ヶ峰滝谷再訪。 ・伊勢の鷲嶺と前山に初登山。 ・尾鷲の五ノ滝山に初登山。 ・松阪の堀坂山に17年ぶり2度目の登頂。 ・多度の多度山に初登頂。 ・松阪の伊勢山上に13年ぶり初登山。 ・経ヶ峰でマムシに遭遇。 ・金峰山へ2010年に続き2度目の来訪。 国見尾根へ8年ぶりの登山。 ・鈴鹿山脈の三子山に初登山。 ・度会の七洞山に5年ぶり2度目の登山。

 2012年 (平成24年) 鈴鹿の御池岳周辺で見られる絶滅危惧植物・正月は辰年にちなんで竜ヶ岳。 ・1月3日も辰年にちなんで龍仙山。 ・経ヶ峰、新ルート開拓旺盛。 ・クマ・・ソウの時期に御池岳周辺に三度訪問。絶滅危惧種のタキミチャルメルソウ発見。 ・小秀山、平成16年から約7年半ぶりのリベンジ成功。 ・毎年恒例の白山と御嶽山登山は、両日とも悪天候でのトレッキング。 ・8年ぶりに常念岳に登頂。 ・同じく8年ぶりに白馬岳に登頂。 ・御嶽山、濁川温泉ルートで三ノ池初巡り。 ・北アルプス有明山初登頂。 ・鳳凰山の地蔵岳に初登頂。 ・5年ぶりに涸沢訪問。初冠雪で奥穂高岳登頂ならず。 ・今年初めてのテンマウンテン参加で、奈良県十津川村の蛇崩山に初登頂。 ・8年ぶりに鈴鹿山脈北部の烏帽子山登頂。
 2011年 (平成23年) 京都大文字山で行われる、五山送り火(ござんのおくりび)・正月は卯年にちなんでうさぎ山。干支のシリーズ健在。 ・アユトンさんの餅つき大会に初参加。 ・入道ヶ岳 7年ぶりに登山。  ・京都の大文字山に初登山。 ・仙ヶ岳登山は、今年初めての8時間トレッキングという長丁場。 ・卯年の赤兎山に2回登り、ニッコウキスゲやササユリなど、主要な植物を観賞。 ・大峰山の山上ヶ岳西の覗で、初の修験業を行う。 ・北岳に6年ぶりに再登頂。念願のキタダケソウと初顔合わせ。右俣でハクサンチドリに遭遇。 ・恒例の白山登山で、クロユリとウズラバハクサンチドリを観賞。 ・富士山に6度目の登頂。 ・菰野の尾高山に初登頂。 ・金勝アルプスに10年ぶりの再訪。 ・日本百名山の、雲取山と大菩薩嶺に初登頂。 ・美杉の修験業山に初登頂。 ・鈴鹿の土倉岳に初登頂。T字尾根制覇。 ・芦生の森に初訪問。 ・やまびと例会で、ハライドと鬼ヶ牙に初登頂。 ・伊勢の京路山と八禰宜山に初登頂。
 2010年 (平成22年)

金峰山のシンボル、五丈石。8月21日の登山紀行をご覧ください・・・・・正月と大みそかは、寅年にちなんで虎御前山。そろそろネタが尽きそう。 ・経ヶ峰の新ルート開拓にのめり込む。新しく10ルート以上発見。 ・5月2日、経ヶ峰登頂100回記念。 ・7年前、大雨で登れなかった大普賢岳に、悲願の初登頂。 ・駒ヶ根ロープウェイ千畳敷から空木岳を目指すも、途中で時間がなくなりあえなく撤収。 ・金峰山と瑞牆山のふたつの百名山に、大弛峠にテントをデポして登山。山小屋の夕食はスキヤキ鍋。 ・白山と御嶽登山、慣行。 ・大峰山脈登山旺盛。大普賢岳と八経ヶ岳に次いで、山上ヶ岳、稲村ヶ岳、釈迦ヶ岳に初登頂。・山陰に4度目の来訪。4度目の大山登頂に加え、蒜山に初登山。・美杉の名山学能堂山と、霧山城址初登山。・京都の最高峰、皆子山に初登頂。・比良山系の蓬莱山に初登頂。

 2009年 (平成21年)

剱沢で剱岳を真北にテント泊。9月20日の登山紀行をご覧ください・・・・ 

・正月と大みそかは、丑年にちなんで牛草山登山。 ・愛宕山で京都の山進出。 ・那須ヶ原山でシャクナゲ狩りをして、関ロッジの20系客車に泊まる。 ・7月からは膝の痛みも取れ、長時間の歩行にも耐えられるようになる。 ・7月19日と8月29日に富士山に挑戦。前者は、悪天候で断念したが、後者は剣ヶ峰登頂。 ・鳥取の大山に初登山。8月2日と9月13日に2回登る。 ・8月15日に甲武信ヶ岳テント泊登山。信濃川・千曲川の源流を味わう。 ・9月20日、立山と剱岳に挑戦。剱岳は、カニのタテバイで2時間待ちだったため、断腸の思いで引き返す。以外にも、二泊でのテントは初めて。 ・10月11日、北アルプスの双六岳にテント泊。夜は氷点下で、テントの中の水が凍っていた。

 2008年 (平成20年)

白山テント泊で見つけた、ウズラバハクサンチドリ。7月20日の登山紀行をご覧ください・・・・・正月と大みそかは、子年にちなんで子ノ泊山登山。 ・雪景色の上高地をトレッキング。 ・3年目の明神平テント泊は、高見峠から台高山脈を縦走。無理が祟ってか、その後膝に痛みを覚える。 ・二度目の八経ヶ岳で、オオヤマレンゲに会える。 ・北アルプスの女王、薬師岳にテント泊登山。 ・7月20日、白山に初テント泊。縁起のいいオコジョと、幻?のハクサンチドリに出会う。 ・前穂高に日帰り登山を挑むも断念。膝の症状が悪化し、その後一年あまり、歩行時間の短い低山に甘んじる。

 2007年 (平成19年)

奥穂高岳山頂にて、歓喜のポーズ。9月23日の登山紀行をご覧ください・・・・・三峰山、伊吹山、霊仙山、藤原岳と、雪山を満喫する。 ・4月15日に、滋賀の武奈ヶ岳山頂付近にて、地震雲を目撃。同時刻に三重県の亀山を震源に、マグニチュード5.4の地震が発生する。 ・福井の山に進出。水芭蕉の取立山からはじまって、銀杏峰、ニッコウキスゲの赤兎山を2週連続、日野山、荒鷲岳と、不思議と福井県に縁があった年。 ・5月27日の燕岳日帰り登山にて雪を体験。 ・八ヶ岳の蓼科山と赤岳に初登頂。 ・遭難防止目的で、アマチュア無線の免許を取る。 ・御嶽山と白山が毎年恒例の登山となる。 ・槍ヶ岳初登頂。やまびと恒例の、夏の遠征登山に、途中から初参加。単独の登りは、新穂高温泉を午前3時に出発。お化けか妖怪の気配を多数感じる。 ・9月23日、念願の奥穂高に単独登頂。岳沢から重太郎新道を登り、吊尾根を経て山頂に立つ。穂高岳山荘で一泊して、パノラマコースで下山する。 ・笠ヶ岳に日帰り登山。歩行時間が(休憩を入れて)15時間は、今までで最高。 ・年末年始の干支登山がはじまる。大みそかは、亥年にちなんで、尾鷲の亥ヶ谷山登山。年明けに車中で野宿 ・登山歴、最高潮の年。

 2006年 (平成18年)

仙丈ヶ岳から見た甲斐駒ヶ岳。8月4日の登山紀行をご覧ください・・・・・高見山の霧氷を初体験。 ・ゴールデンウィークに、いこまい会の明神平テント泊に初参加。 ・富士山へ、吉田口から単独登頂。 ・南アルプスの仙丈ヶ岳と甲斐駒ケ岳登山。 ・丹沢の最高峰、蛭ヶ岳にて富士山を仰ぐ。 ・恵那山に単独登頂。

 2005年 (平成17年)

木曽駒ケ岳付近から見た、宝剣岳。7月17日の登山紀行をご覧ください・・・・・前半は東紀州の山へ多く登る。 ・中央アルプスの木曽駒ケ岳にテント泊登山。 ・翌週、南アルプスの北岳にもテント泊登山。頂上から北岳山荘に下りる途中で左足を捻挫。 翌週、リハビリを兼ねて御在所岳に登るが、足の症状が悪化。 ・約2カ月、登山を断念。 ・その後、軽い山に登るが、年末から年始にかけて休止状態になる。

 2004年 (平成16年)

テント泊を果たした、常念岳。10月10日の登山紀行をご覧ください・・・・・伊吹山で、雪山初体験。 ・藤原岳の福寿草も初体験。 ・油日岳から鈴鹿峠まで縦走。 ・霊仙山で凍える。 ・錫杖ヶ岳のコースを開拓。 ・常念岳で北アルプスのテント泊デビュー。 ・白馬岳は、悪天候でテントが張れず。 ・白山初登頂。 ・穂高岳断念で涸沢テント泊。

 2003年 (平成15年)

・山ねずみ様と、インターネットを通じて衝撃的な出会い。 ・飯高のお熊が池では、年に1日のお祭りに遭遇し、タダ酒を浴びる。 ・ゴールデンウィークに、真ノ谷で初テント泊。 ・御嶽へ、単独で初登頂。 ・焼岳でアルプス入門。 ・テンマウンテンの参加で、東紀州の山を登る。 ・他に、岐阜の大日ヶ岳と奈良の大峰山にも足を延ばす。 ・テント泊、県外に遠征、前泊日帰り登山など、行動パターンが飛躍的に向上する。

 2002年 (平成14年)

三池岳から見た釈迦ヶ岳。6月2日の登山紀行をご覧ください・・・・・経ヶ峰に14回登る。 ・三池岳、大洞山、猿投山、綿向山、初登頂。 ・ナベコバさん達と知り合う。 ・やまびとの例会以外は、ほとんど単独行動。

 2001年 (平成13年)

金勝(こんぜ)アルプスの鶏冠山と竜王山の間にある天狗岩。ゆうゆうの登山紀行、最初のレポです。5月6日の登山紀行をご覧ください・・・・・ゆうゆうのホームページ作成に伴い、登山紀行の作成開始。 ・山岳同好会「やまびと」入会。 ・主に鈴鹿の山を中心に活動。 ・遠征は、滋賀の比良山系と金勝アルプス。

このページの先頭に戻る