珍しく昼間に見えた、御池岳からの御嶽山

御池岳

 山名・標高

 御池岳 (おいけだけ) 1247m

 日付

 2014年5月18日

 天気

 快晴のち晴れ

毎年コンスタントに訪れている御池岳ですが、去年は引越しが影響して一度も登りませんでした。それだけに今年は、国道306号線が通行止めでコグルミ谷からのコースが通れないにも関わらず、2時間は余計にかかる木和田尾のコースから登ることにしました。
4月の藤原岳と同様に、前日から阿下喜駅にベースキャンプを張ります。4時半に目覚ましをセットしましたが、結局は5時40分に起き、登り始めたのは6時20分になってしまいました。このコースは久しぶりで、7~8年ほど空いているでしょうか?5回以上は通ったことはありますが、覚えているところが少なく、迷いはしませんが少し不安でした。白船峠からすぐに真ノ谷のキャンプ場に下りて、折り返しテーブルランドを目指します。途中お目当ての花が見られなかったのは残念ですが、天気は最高で気温も最適な山行きとなりました。奥ノ平で昼食をとり丸山についたのが12時前。最近展望がよくなった山頂からは、右から恵那山、南アルプス、中央アルプス、御嶽山、乗鞍の奥には北アルプスの山々が連なり、一番左には伊吹山の奥に大きく見える白山が鎮座しています。この時間でこれほどよく見えることは滅多にないことです。
帰りはカタクリ峠から冷川岳を通り白船峠まで抜けて、朝来た木和田尾を下ります。冷川岳付近では、少し遅いですがイワカガミの群生が見られて、これも満足です。坂本谷との分岐では、一見タヌキですがハクビシンともアナグマとも見分けがつかない動物に遭遇し、カメラには収まっていますが未だ謎の生物です。

 

 

6:20

木和田尾登山口。

 

 

 

 

7:30

急に開けて一番迷いやすいところ。

 

 

こんな立派な看板が立っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薹が立ったエンレイソウとカタクリ。

 

8:51

 

マイヅルソウ?

 

 

 

 

 

9:14

真ノ谷キャンプ場。

 

ニリンソウ?

 

 

 

10:52

テーブルランドに到着。

 

 

11:10

奥ノ平で休憩をします。

 

 

 

 

 

恵那山と南アルプス方面。

 

 

中央アルプスと御嶽山。

 

 

 

 

白山。

 

 

乗鞍岳と北アルプス。

 

 

琵琶湖方面。

 

 

11:57

御池岳の最高峰(鈴鹿山脈の最高峰)丸山に到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワカガミの群生。

 

 

 

 

 

 

 

タヌキかアナグマかハクビシン。

 

 

 

 

15:16

無事下山。

 

以上、御池岳のレポでした・・・・

 

このページの先頭に戻る