気まぐれランキング

ゆうゆうが好きな指揮者 SELECT 10

SELECT 1
ヘルベルト・フォン・カラヤン(1908年4月5日 - 1989年7月16日)
オーストリアの指揮者。1955年より1989年までベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の終身指揮者・芸術監督を務め、一時期それと同時にウィーン国立歌劇場の芸術監督やザルツブルク音楽祭の芸術監督などのクラシック音楽界の主要ポストを独占して、圧倒的な権力を誇った。20世紀のクラシック音楽界において最も著名な人物のひとりであり、日本では「楽壇の帝王」と称されていた。(ウィキペディアより引用)



SELECT 2
カール・ベーム(1894年8月28日 - 1981年8月14日)
オーストリアのグラーツに生まれた指揮者。学位は法学博士(グラーツ大学)。称号はオーストリア音楽総監督、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団名誉指揮者。息子は俳優のカールハインツ・ベーム。孫のカタリナ・ベームも女優として活躍している。(ウィキペディアより引用)


SELECT 3
サー・ゲオルク・ショルティ(1912年10月21日 - 1997年9月5日)
ハンガリー出身で、ドイツ、のちイギリスの国籍で活躍した指揮者、ピアニストである。ゲオルグ・ショルティとも書かれる。ユダヤ系。ハンガリー語の発音に基づく表記はショルティ・ジェルジュ(ウィキペディアより引用)


SELECT 4
ブルーノ・ワルター(1876年9月15日-1962年2月17日)
ドイツ出身の指揮者・ピアニスト・作曲家。20世紀を代表する偉大な指揮者の1人で、モーツァルトやマーラーを得意とした。戦前や戦後間もなくの日本では、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー、アルトゥーロ・トスカニーニとブルーノ・ワルターを「三大巨匠」と呼ぶことが多かった。(ウィキペディアより引用)


SELECT 5
レナード・バーンスタイン (1918年8月25日 - 1990年10月14日)
ユダヤ系アメリカ人の作曲家・指揮者である。またピアノの演奏家としても知られている。アメリカが生んだ最初の国際的レベルの指揮者になり、ヘルベルト・フォン・カラヤンやゲオルク・ショルティと並んで、20世紀後半のクラシック音楽界をリードしてきたスター音楽家だった。愛称はレニー。夫人のフェリシア・モンテアレグレはチリ出身の女優・ピアニスト。(ウィキペディアより引用)

SELECT 6
クラウス・テンシュテット(1926年6月6日 - 1998年1月11日)
ドイツの指揮者。グスタフ・マーラーのスペシャリスト。1979年には国際マーラー協会からメダルを授与されている。特に、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団とのマーラー交響曲全集は非常に高く評価されています。

SELECT 7
ズービン・メータ(1936年4月29日 - )
インド出身のマエストロ。日本も頻繁に来日し、2011年4月10日、震災の影響があるさ中、東京のオペラの森公演において、ベートーヴェンの「第九」を指揮。公演の収益が全額寄付されるチャリティー・コンサートをした。

SELECT 8
ロリン・マゼール(1930年3月6日 - )
フランス・パリ近郊、ヌイイ=シュル=セーヌ出身、アメリカ国籍の指揮者・ヴァイオリニスト・作曲家。独特なテンポと音色の演奏を作り出し、日本にもたびたび来日し、2010年12月31日には、東京文化会館においてベートーヴェンの全交響曲を指揮した。

SELECT 9
クラウディオ・アバド(1933年6月26日 - )
イタリア、ミラノ出身の指揮者。カラヤンの後任として選出されベルリン・フィルハーモニー管弦楽団芸術監督に就任し、名実共に現代最高の指揮者としての地位を確立した。テンポがよく、これぞ本場のクラシック音楽という演奏を聞かせてくれる。

SELECT 10
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(1886年1月25日 - 1954年11月30日)
ドイツの指揮者。20世紀でもっとも偉大なマエストロ。スコアの深読みにかけては今なお他の追随を許さず、燃えれば限りなく燃え上がり、落ち込めばどん底まで落ち込む、この落差は曲のフォルムをとらえるというより、人間の情念をえぐりだすものと言われる。(ウィキペディアより引用)アンコールを何回もしたのに観衆が拍手をやめなかったので、最後にコートを着てホールに戻ってきたことなど、数々のエピソードも残っている。

気まぐれランキングトップに戻る