気まぐれランキング

ゆうゆうが好きな作曲家 SELECT 5

SELECT 1
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト (1756年1月27日 - 1791年12月5日)
ドイツの作曲家、演奏家。古典派音楽の代表であり、ハイドン、ベートーヴェンと並んでウィーン古典派三大巨匠の一人である。称号は神聖ローマ帝国皇室宮廷室内作曲家、神聖ローマ帝国皇室クラヴィーア教師、ヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ名誉楽長などを勤めた。(ウィキペディアより引用)


SELECT 2
グスタフ・マーラー (1860年7月7日 - 1911年5月18日)
ウィーンで活躍した作曲家で指揮者。主に交響曲と歌曲を作曲。交響曲では、楽器編成の規模が大きく、カウベルやハンマーなどの珍しい楽器も用いられている。特に交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」では、150人以上のオーケストラに、8人の独唱と二つの合唱団と少年合唱が加わり、文字通り千人以上で演奏される宇宙的な交響曲です。また、交響曲第3番ニ短調は世界で一番長い交響曲と言われています。


SELECT 3
リヒャルト・ゲオルク・シュトラウス(1864年6月11日 - 1949年9月8日)
ドイツの後期ロマン派を代表する作曲家である。交響詩とオペラの作曲で知られ、また、指揮者としても活躍した。ウィーンのヨハン・シュトラウス一族とは血縁関係はない。(ウィキペディアより引用)


SELECT 4
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770年12月16日? - 1827年3月26日)
ドイツの作曲家。クラシック音楽史上極めて偉大な作曲家の一人とされる。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。(ウィキペディアより引用)
作曲された9つの交響曲には、自ら付けた「英雄」「田園」と、運命の名で知られている交響曲第5番、合唱付き第九があり、日本人に一番愛されている作曲家といえます。


SELECT 5
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー(1840年5月7日- 1893年11月6日)
チャイコフスキーはその親しみやすい作風から、クラシック入門の企画などで採り上げられることが大変多い作曲家である。叙情的で流麗・メランコリックな旋律や、絢爛豪華なオーケストレーションが人気の要因となっている。またリズムの天才と言われ、一つのフレーズを発展の連結にしたり、半音階上昇させたり、または下降させたりと他の作曲家には見られないものがある。曲想はメルヘンチックであり、ロマン濃厚といわれる表情が見えたりする。作品は多岐にわたるが、とりわけ後期の交響曲・バレエ音楽・協奏曲などが愛好されている。(ウィキペディアより引用)

気まぐれランキングトップに戻る