気まぐれエアータクト

CHAPTER 0042・・・・ R・シュトラウス ツァラトゥストラはかく語りき
(2013年3月9日撮影)

R・シュトラウスの曲は演奏が難しいと言いますが、エアータクトも同じです。唯一アルプス交響曲の譜面を持っていますが、他の作曲家のと比べても複雑な事がわかります。マーラーも複雑と言われていますが、曲を聞きながらスコアを見ていると、ある程度どこを弾いているのかわかります。しかしアルプス交響曲は、必ずと云っていいほど道に迷ってしまいます。このツァラトゥストラなんかは、はっきり言ってデタラメ。デタラメを形にするのがエアータクトです。


CHAPTER 0042・・・・ R・シュトラウス ツァラトゥストラはかく語りき


気まぐれエアータクトのトップに戻る


※ご注意・・・・気まぐれエアータクトは、動画閲覧にYouTubeを利用しています。最近、曲名がCDやDVDの商品名と重なるせいか、頻繁にゆうゆうのホームページでの再生が制限されます。その時は、再生画面下の「YouTubeで見る」をクリックしてください。