名鉄 谷汲線

1999年7月4日

名鉄攻略きっぷ

1999年夏。生まれて初めて、名古屋鉄道に乗りました。それもいきなりフリーきっぷで全線を制覇しようとの試みです。結局、内海線などを残してしまいましたが、2日間でほぼ回れました。



1999年7月11日

谷汲駅 ホームにて
この場面は、2001年9月末で、「過去」から「歴史」へと変化します。鉄道の淘汰は、いつも僕の心を感情的にします。なぜこんなに干渉するのか自分でもよくわかりません。




谷汲駅 駅舎
この個性的な駅舎もなくなってしまうのでしょうか?それとも、何か別の転職先を見つけて、生き永らえるのでしょうか?




記念のきっぷ
名鉄の盲腸のような路線。本当に手術で切られてしまいました。その時は廃線になるなんて夢にも思いませんでしたが、記念にきっぷを買っておいて正解でした。




黒野駅にて
名鉄の乗りつぶしをやっていて、まずはじめに驚いたのは、岐阜駅からの路面電車でした。そしてこの旧型の車両。タイムスリップしてしまったような感じです。





青春18きっぷ博物館別館へ戻る