平成29年(2017年)夏

平成29年(2017年)夏

キャッチコピー
旅情あふれる名の駅へ。

「歩くと危ない」という名は、
山が険しいからでしょうか。
渓谷に見とれてしまうからでしょうか

撮影場所
土讃線 小歩危駅

・コメント
ウィキペディアから、小歩危の名前の由来を引用すると「一般には漢字説(「小股で歩くと危険」)が有名であるが、昔から現在の漢字で表記していたわけではなく間違いである。「ほき、ほけ」は断崖を意味する古語である。「こぼけ」という音に対して、文化12年(1815年)編纂の阿波史では「小嶂」の字を充てており、明治6年(1873年)の地租改正の際に当時の三名村は「小歩危」の字を充てた。 」とあります。以上・・・・?
もう一つありました。国鉄がJRになって30年だそうで、右上に特別なロゴが印刷されています。


表面 裏面