平成28年(2016年)冬

平成28年(2016年)冬

キャッチコピー
旅情あふれる名の駅へ。

鳥のさえずりだけが響く
静かな静かな大嵐駅です。

撮影場所
飯田線 大嵐駅

・コメント
前回よりキャッチコピーが変わって「旅情あふれる名の駅へ。」となりました。大嵐駅は秘境駅にはなっていませんが、次の小和田からはじまって、中井侍、為栗(してぐり)、田本、金野、千代と続く秘境駅の表銀座?の玄関駅となっています。手前の水窪(みさくぼ)駅から飯田線最長の大原トンネル(5063m)に入り、写真の出口から出ると気候が変わった様に感じます。大げさに言うと、異次元の世界に迷い込んだ感覚です。駅前にはレンタサイクル屋しかなく、天竜川にかかっている釣り橋を渡っても集落まで1キロほどあり、150位から200位までなら入れるんじゃないかと思います。実際には降りた事がないので、今度偵察に行ってきます。今回は珍しく列車が写っていません。いつ以来かというと、平成26年(2014年)春以来です。もっと遡ってみると、平成14年(2002年)春ですが、それ以前は結列車ナシの方が多いようです。


表面 裏面