平成28年(2016年)夏

平成28年(2016年)夏

キャッチコピー
旅情あふれる名の駅へ。

こののどかさこそ、
真の幸せなのかもしれません。

撮影場所
肥薩線 真幸駅

・コメント
真幸駅をウィキペディアで調べると「宮崎県えびの市大字内竪にある、肥薩線の駅である。 宮崎県で最初にできた駅であり、肥薩線唯一の宮崎県内の駅である。」とあります。実は、御殿場線がかつて東海道本線だったのと同じように、肥薩線は鹿児島本線だったのです。昭和2年に川内ルートが完成してから、八代 - 吉松 - 鹿児島間が分離され肥薩線になりました。真幸駅はその名前に反して、当駅とその周辺路線は災難に見舞われています。第二次世界大戦の終戦日の7日後、昭和20年8月22日に復員軍人がバックした機関車に轢かれ53人がなくなった事や、昭和47年には近くで土石流が発生し、真幸駅構内と周囲の集落を襲いました。それでも矢岳からの三大車窓や、本格的なスイッチバックのある駅として君臨しています。列車は、いさぶろう・しんぺいとして改造された40系気動車で、140形と47形の2連では?


表面 裏面