青春18きっぷ 別館入口に戻る


2000年(平成12年)に1冊の本を入手しました。題名は『乗った降りた JR四六00駅』
著者は横見浩彦さんで、1992年2月12日から1995年10月25日にかけて、JRの4600ものすべての駅を乗り降り した記録でした。 ルールは簡単で、JRの駅を片っ端から乗るか降りるかして制覇するものです。乗りつぶしならぬ降りつぶしです。これはゆうゆうが勝手につけた名前ですが、案外はやるかも知れません。
と、いうことで、ゆうゆうも降りつぶしに挑戦してみることにしました。とりあえず、いくつかの路線をピックアップして、路線ごとに降りつぶそうと考えます。ゆうゆうの趣味は極めることを目標にしていますが、人生までかけるつもりはありません。

まず、筆頭に上がったのが小浜線。同じ年の、7月20日と7月23日、それに9月3日の3日間で、22駅すべて(北陸本線の敦賀駅と舞鶴線の東舞鶴駅を入れると24駅になります)を降りつぶししました。実に楽しい!でもこれにハマると、それこそ人生を棒に振ることになりかねないと思い、宝くじで3億円当たらないうちは片手間にしようと心に決めたのでした!?
その後、この企画は殆ど頓挫していますが、鄙びた駅や風変わりな駅には意識して途中下車するように心がけています。また、名松線では家から近いこともあって、車ですべての駅に訪れています。紀勢本線も亀山から串本までの殆どの駅に行ったことがあり、参宮線も完璧です。

本来なら「ゆうゆうの鉄道乗りつぶし」のように、降りつぶした駅を順番に塗りつぶすようなサイトにしたいのですが、それは(宝くじでも当たらなければ)かなわぬ夢なので、ゆうゆうが訪れた乗客の少ない鄙びた駅を、ランダムに紹介していきたいと思います。


途中下車 其の1・・・・釜石線 上有住駅
途中下車 其の2・・・・内房線 江見駅