阪堺電車乗りつぶし

昭和の雰囲気が色濃く残る阪堺電車

私鉄乗りつぶし紀行

日付

2014年3月2日

目的

阪堺電車乗りつぶし
・阪神電鉄 武庫川線、阪神なんば線乗りつぶし
・阪神電鉄 全線乗りつぶし制覇
・阪堺電気軌道 一部乗りつぶし
・泉北高速鉄道 乗りつぶし制覇
・大阪地下鉄 長堀鶴見緑地線 乗りつぶし制覇
・大阪地下鉄 御堂筋線 谷町線 一部乗りつぶし

乗りつぶし情報はゆうゆうの鉄道乗りつぶしをご覧ください。


山ねずみさんたちと雪の藤原岳に登る筈でしたが、金曜日の天気予報で降水確率が50%から60%に上がったのを見て、中止の要請をしました。藤原岳は雪崩の心配はあまりありませんが、過去には小さいのが何度かおきている様で、大事をとった次第です。実を云うと、降水確率が50%だった火曜日ごろから、食指は青春18きっぷに向いていましたが、天気予報が格好の口実になったわけです。
私鉄の乗りつぶしは、名古屋も京都もやっつけてしまったので、後はおのずと大阪近辺になります。せっかく青春18きっぷが使えるので、JRを使っての移動です。いつものように近鉄で津新町から津まで出て、そこから紀勢本線で行く筈でしたが、寝坊をしてしまったので、25分かけて津駅まで歩きます。5:38の始発で出て、関西本線、草津線、東海道本線と乗り継ぎ、大阪に行きます。
まずは、去年中途半端に残してしまった、阪神電鉄の阪神なんば線と武庫川線を乗りつぶします。梅田駅に移動して本線を武庫川まで行きます。駅に下りて驚いたのは、ホームが武庫川の上に100%ある事です。つまり橋の全部が駅になっているわけです。一部分のホームが川にまたがっている駅は知っていますが、こんな駅は他には知りません。橋の上に作った理由は、ホームから武庫川の両側に行けるからでしょう。つまりムコガワの改札を利用できる?阪神半疑な話です。武庫川線を乗りつぶすと、今度は阪神なんば線に初めて乗ります。2009年にこの路線ができると、近鉄との相互乗入れ運転が実現しましたが、野球を全然知らないゆうゆうでもちょっと違和感があります。
近鉄難波から改姓した大阪難波に着いたのは11時前。いつもの昼メシのパターンでは遅いぐらいです。なんばウォークで特別価格だった(980円)うな重とそばのセット食べて、今度は初めて大阪から南の方向に着手します。南海は最後にとっておくと決めているので、今日は泉北高速鉄道と阪堺電気軌道をやります。地下鉄御堂筋線で終点のなかもずまで行き、南海と泉北高速の中百舌鳥駅に移って、泉北高速を往復します。泉北高速の正式名称は大阪府都市開発泉北高速鉄道で、大阪府が出資して第三セクター方式で運営されています。
終点の和泉中央駅の滞在時間は約8分。そのままもと来たレールを戻り、天王寺まで来ました。ここから阪堺電気軌道を乗りつぶすわけですが、実を云うと阪堺電軌が路面電車とは思いませんでした。軌道ってぐらいなので路面電車しかないのですが、去年の暮れに入手したムダ知識の影響で、てっきり地下鉄に違いないと思い込んでいたのでした。それは、普通の地下鉄は鉄道事業法によって経営されていますが、大阪の地下鉄は軌道法によって建設され運営していると云うものです。これは今やっているNHK朝ドラの「ごちそうさん」とも相まって、ゆうゆうの脳裏に深く刻み込まれていたのです。よく考えれば、わざわざ「軌道」と表示してあるので、御堂筋線の様な○○線と分けている事は容易にわかります。地下道から阪堺電車のりばの階段を上がった時は、実際地上に出てア然としました。地下鉄の端末駅が地上にある事は多々ありますが、地下道からしか行けない路面電車の駅は生まれて初めてです。それでも、どこでこのチンチン電車が地下に潜るのか期待していましたが、終点の浜寺駅前まで路面を走ったのは言うまでもありません。天王寺駅前もそうですが、「駅前」の付く駅に着いたのも違和感があり、ナニワ独特の雰囲気を味わいながら、乗りつぶしを続けます。後は、住吉まで戻り住吉公園を往復し、阪堺線を恵美須町まで戻れば完璧でした。ところがまたしてもナニワの呪縛が!住吉から住吉公園までの僅か200mの路線が、休日は朝の7~8時台に4本しか走っていないのです。線路を見ると明らかに色で使用頻度が違う事がわかります。ここはこの路線を改めて乗る事として、阪堺線と併せて次の機会にしました。
再び天王時に戻ると時刻は15時を過ぎていました。青春18きっぷで帰るには、大阪か天王時を遅くても18時台の列車に乗らなければなりません。残りの時間は、折角地下鉄の乗り放題を買ったので、地下鉄で我慢です。大阪環状線で大正まで出て、長堀鶴見緑地線を全線乗りつぶし、去年の5月に残した谷町線の太子橋今市~大日をやっつけて、結局大阪18:30発の新快速で往きと同じルートで帰ってきました。

 
紀勢本線と関西本線で柘植に出ます。

 
カエル色の117系。

 
草津線と東海道本線を乗り継ぎ、大阪へ。

  
新しくできた大阪駅。

  
阪神電鉄梅田駅に移ります。

 

  

  

  
武庫川駅に下車。
武庫川線を乗りつぶします。

 
武庫川団地前駅。

 

 
武庫川駅はホームのすべてが武庫川の上です。

 
阪神なんば線で難波駅に行き、昼食をとります。

  
地下鉄御堂筋線で終点のなかもず駅へ。

 
南海電鉄と泉北高速鉄道の中百舌鳥駅。

  
泉北高速鉄道を乗りつぶします。

 
終点の和泉中央駅。

 
地下鉄御堂筋線の天王寺駅。

 
JR天王寺駅。

 
阪堺電鉄のりば。

  
路面電車なのに、地下道を通らなければ行けません。

 

  

 

  
終点の浜寺駅前駅。


浜寺駅前駅の前にある浜寺公園。


浜寺駅前駅の駅名の由来になったJR浜寺公園駅。

 

 
住吉駅は、阪堺線と上町線が交差する駅です。

   

  
天王寺に戻って、JR環状線で大正駅に移動します。

 
JR大正駅。

 
地下鉄長堀鶴見緑地線の大正駅。

  
長堀鶴見緑地線終点の門真南駅。

 
谷町線に移り、太子橋今市~大日間を乗りつぶします。


18:00
大阪駅に戻ってきました。

  
朝と同じルートの、東海道本線~草津線~関西本線~紀勢本線で帰ります。

以上、阪堺電鉄乗りつぶしのレポでした・・・・

このページの先頭へ戻る

青春18きっぷ博物館TOPへ!
青春18きっぷ紀行へ戻る