関東私鉄 2

私鉄乗りつぶし紀行

富士急行の富士山列車

日付

2013年8月4日

目的

関東私鉄乗りつぶし 2
・多摩都市モノレール乗りつぶし
・京王電鉄乗りつぶし
・小田急電鉄多摩線乗りつぶし
・西武鉄道多摩川線乗りつぶし
・東京地下鉄と東京都交通局一部乗りつぶし
・富士急行乗りつぶし
・名古屋市交通局一部乗りつぶし

乗りつぶし情報はゆうゆうの鉄道乗りつぶしをご覧ください。


本日も名古屋の地下鉄から着手します。ムーンライトながらに乗る前の短い時間ですが、東山線の名古屋~高畑間と名港線の全線。それに桜通線の新瑞橋~徳重を乗りつぶし、名古屋の地下鉄は名城線の一部を残すのみとなりました。時間を使っての乗りつぶしだったので、今日は大垣に戻る時間がなく、名古屋からムーンライトながらへ乗車です。
東京に着くと、上野のつるやで海鮮かき揚げうどんを食べて、地下鉄日比谷線で北千住まで行って、千代田線を終点の綾瀬で折り返します。次は東武鉄道で日光までとも考えましたが、3月31日の西武鉄道の続きをやりたくなったので、本日のメインは京王電鉄沿線としました。折り返した千代田線でこれまた終点の代々木上原まで行き、そこから小田急線に乗り換えて、目下工事中の下北沢で下ります。そこから京王井の頭線で吉祥寺まで出て、JR中央本線で武蔵境に行きます。そこから西武鉄道多摩川線で是政まで乗りつぶします。白糸台まで戻って京王電鉄京王線の武蔵台まで約15分かかって歩き、そこから支線の競馬場線と動物園線を乗りつぶし、終点の京王八王子まで行きます。ひと駅前の北野まで戻って、そこから高尾線に乗り換えて、終点の高尾山口に着きました。折角なので33年ぶりに高尾山に登ろうかとも思いましたが、まだまだ乗りつぶさなければならない路線がたくさんあるので、ここは私鉄の乗りつぶしに徹します。
時間は11時11分。戻って東急に着手とも思いましたが、ここまで来たのなら、もう少し遠征をして、あとあと始末に困りそうな富士急行を乗りつぶす事にしました。高尾まで戻ってJRのホームに移り、そこから中央本線で大月まで行きます。今までのベンチシートに飽き飽きしていたので、115系のボックスシートはとても落ち着きます。富士急行大月駅で絵馬の形をした大きなフリーキップを買って、終点の河口湖までを往復をします。残念ながら富士山は見えませんでしたが、色々な形の列車とすれ違い、この鉄道会社の特徴が堪能でき、東京沿線では味わえない乗りつぶしができました。次に立川まで行って多摩都市モノレールに乗る計画ですが、大月からの上りの列車がしばらくないので、下りのひとつ先の初狩駅まで行ってみることにしました。ホームに降り立つと、やたら幅が狭いホームだとの印象です。階段を下り駅舎に向うのに、4本の引き込み線を跨いで行かなければならない事をみると、昔は駅舎の前にホームがあって、恐らくスイッチバックの駅だっただろうと想像できます。
12分後に来た115系で立川まで行き、多摩都市モノレールを乗りつぶします。まずは北の上北台まで行き、折り返し終点の多摩センターで下りて、京王と小田急の多摩センター駅に移ります。小田急の唐木田~新百合ヶ丘間を乗りつぶし、多摩センターに戻って京王に乗り換えて終点の橋本まで行き、折り返し新宿に向かいます。途中千歳烏山で降りて銭湯に入り、新宿に到着したのは21時30分でした。都営新宿線で小川町まで乗り、淡路町で丸ノ内線に乗り換えて東京に着いたのが22時2分。喫煙コーナーの隣で晩酌をして、帰りのながらに乗りこみます。


東京地下鉄 千代田線 京王 井の頭線

西武 多摩川線 京王電鉄 京王線

富士急行 JR初狩駅のスイッチバック

多摩都市モノレール 小田急 新百合ヶ丘駅

以上、関東私鉄乗りつぶし2のレポでした・・・・

このページの先頭へ戻る

青春18きっぷ博物館TOPへ!
青春18きっぷ紀行へ戻る