関東私鉄 1

私鉄乗りつぶし紀行

日本一短い芝山鉄道の芝山千代田駅

日付

2013年7月28日

目的

関東私鉄乗りつぶし 1
・京成電鉄乗りつぶし
・埼玉新都市交通ニューシャトル乗りつぶし
・東京地下鉄と東京都交通局一部乗りつぶし
・京葉高速鉄道乗りつぶし
・芝山鉄道乗りつぶし
・山万ユーカリが丘線乗りつぶし
・北総鉄道北総線完了
・千葉都市 モノレール乗りつぶし
・名古屋市交通局一部乗りつぶし

乗りつぶし情報はゆうゆうの鉄道乗りつぶしをご覧ください。

コース・路線

津(伊勢鉄道、関西本線)―名古屋 名古屋(地下鉄藤が丘線)―藤が丘 藤が丘(リニモ)⇔八草 藤が丘―本山(名城線)―新瑞橋(桜通線)―中村区役所―名古屋 名古屋(東海道本線)―大垣―

―東京(東北本線)―上野 京成上野(京成電鉄本線)―京成津田沼(千葉線、千原線)―ちはら台―京成千葉 千葉(千葉都市モノレール1号線、2号線)―県庁前―千葉―千城台―千葉―千葉みなと―千葉 千葉(総武本線)―西船橋(東葉高速鉄道)―東葉勝田台 勝田台(京成電鉄本線)―京成津田沼―ユーカリが丘(山万ユーカリが丘線)―ユーカリが丘(京成電鉄本線、京成成田線)―東成田(芝山鉄道)―芝山千代田―京成成田―成田空港(成田空港線)―新鎌ヶ谷(東武野田線)―船橋―大宮 大宮(埼玉新都市交通 ニューシャトル)⇔内宿 大宮(東北本線)―与野―東京(東海道本線)―

―名古屋(関西本線、紀勢本線)―津


本格的に私鉄の乗りつぶしに着手したゆうゆう。今年の夏は青春18きっぷを3枚(15日分)買って、6週に亘って関東の私鉄を乗りつぶしする予定でした。ところが、9月8日も天気が悪そうだったので、急きょオークションで1日分を落札して、5月19日に行った京都の残りもする事になりました。よって、7月28日、8月4日、11日、18日、25日、31日~9月1日、9月8日と山行きをそっちのけで乗り鉄をした次第です。毎回2~300枚以上の写真とかなりの数の動画を撮ってきて、今まで通りのレポでは時間がいくらあっても足りないので、ほとんど休眠状態だったヤフーのブログを活躍させることにしました。

いつものパターンで、前日よりムーンライトながらで東京に行くわけですが、大垣から乗る前に名古屋の地下鉄でひと仕事します。まずリニモを乗りつぶし、東山線の残り(今池~藤が丘)を制覇して、あと名城線と桜通線の一部を乗りつぶしてきました。大垣に着いたのは22時。駅前のローソンで食事を買って、食べながらムーンライトながらを待ちます。
当日東京に着いて、上野のいつものつるやでいか天うどんを食べます。まずは京成上野からスタートして、本線で京成津田沼、千葉線で千葉中央、千原線で終点のちはら台に向います。京成千葉に戻って、懸垂モノレールとしては世界最長の千葉モノレールを制覇します。JRで西船橋まで行って、東葉高速線で勝田台、そこから京成津田沼を往復して、山万ユーカリが丘線をつぶしながら京成本線を制覇し、日本一短い芝山鉄道まで乗りつぶしました。成田空港を横目で見つつ、新鎌ヶ谷まで成田スカイアクセス線と北総線を乗り次いで行きます。丁寧に東武線を船橋まで行き、そこから東武野田線を一気に大宮まで乗りつぶします。ここはゆうゆうの故郷。生まれたのは津ですが、小学校2年生の時から28才まで住んでいたので、生まれ故郷ならぬ育ち故郷です。本日最後に埼玉新都市交通を乗りつぶすわけですが、両親が伊奈(埼玉県北足立郡伊奈町)に住んでいたので、羽貫までは何度か乗った事がありました。ゆうゆうが23年ぶりに津に引っ越した辺り(平成元年)で羽貫~内宿間が開通して、結局今まで乗りつぶし仕舞いだったので、今回の全線乗りつぶしは感無量です。内宿ではさいたま水上公園帰りからの小学生5人と一緒に下りましたが、その中に宮原小学校のお母さんがいる子がいて、我が母校宮原小学校と、夏に通ったさいたま水上公園の名前が出てこれも感無量でした。
私鉄乗りつぶしの終着駅は内宿にした方が?と一瞬思いましたが、タイヤの列車では味気ないので、ここはこれで良しとします。明日も仕事なので、そろそろ帰る事としましょう。大宮から(通称)京浜東北線で与野に行き、天徳の湯で思い出と未練を洗い流し、仕事モードに切り替えて下りのムーンライトながらで帰宅します。


名古屋地下鉄東山線 藤が丘駅 愛知高速鉄道(リニモ)

京成電鉄 上野駅 京成電鉄 ちはら台駅

千葉都市モノレール 255系

山万ユーカリが丘線 日本一短い芝山鉄道

東武野田線 埼玉新都市交通

以上、関東私鉄乗りつぶしのレポでした・・・・

このページの先頭へ戻る

青春18きっぷ博物館TOPへ!
青春18きっぷ紀行へ戻る