トワイライト
エクスプレスの旅

北海道旅行紀行

トワイライトエクスプレスのロイヤル個室から見た、日本海に沈む夕日。列車名になった風景です。

日付

2013年5月3日~6日

目的

トワイライトエクスプレスの旅
・トワイライトエクスプレス往復乗車
・ロイヤル及びシングルツインを利用
・旭山動物園訪問
・札幌市交通局の地下鉄と路面電車乗りつぶし
・大阪地区の乗りつぶし着手
・大阪市交通局の四つ橋線(3号線)、今里筋線(8号線)、南港ポートタウン線(ニュートラム)を乗りつぶし
・大阪高速鉄道のモノレール乗りつぶし

乗りつぶし情報はゆうゆうの鉄道乗りつぶしをご覧ください。


去年の一月に初めてにトワイライトエクスプレスに乗って、至福の時を過ごしたので、もう一度乗車したいと思っていました。その年のゴールデンウィークはJR北海道の乗りつぶしに着手していて、時間の関係で全く予定がありません。そして去年の暮から今年の正月にかけて、JR乗りつぶしの全国制覇を達成するために、再び北海道に訪れました。往きは飛行機で入り、帰りはトワイライトエクスプレスのツインで帰ってくる予定でしたが、ナント最終日だけ天候の悪化で運休になってしまいました。これはもう何が何でもトワイライトエクスプレスに乗りたいと思っていて、 ロイヤルとシングルツインのチケットを購入できたので、5月3日~から6日にかけて大阪から北海道を往復してきました。今年の3月の段階では、ゴールデンウィークは私鉄の乗りつぶしに着手の予定だったので、空いている時間に札幌の地下鉄と大阪の路線も乗ってきました。

1日目

  
JR一身田を始発で津まで出て、近鉄に乗り換えて大阪上本町に行きます。

 
谷町九丁目で千日前線に乗り換えて、終点の南巽まで行き、
今里に戻って今里筋線を井高野まで乗りつぶします。

 
太子橋今市まで戻って、谷町線で東梅田まで出て、
待ち合わせの家内と合流して、大阪駅に行きます。

 
11:50
いよいよ札幌に向けて出発です。

  
ロイヤルルームのシャワー室。収納式の洗面台とトイレは圧巻でした。


ワインも料金に含まれています。

  
食堂車でのランチ。
ハンバーグとミックスフライは共に単品で1380円。
それにサラダとスープとライスがついたセットはプラス700円となります。


直江津を過ぎた辺りで日本海に沈む太陽。
列車名の由来になった光景です。


22時を過ぎ、ラウンジも人がいなくなりました。
そろそろ就寝としましょう。


2日目


食堂車でのモーニングから始まります。

  
この4月からメニューが一新したそうで、この1500円は値打ちです。
去年の1月のレポと比べてみてください。


食後のコーヒーはルームサービスで。
これも料金に含まれています。

 
9:52
定刻通り札幌に到着。
ゆうゆうにとってはあっという間の22時間でした。

 
スーパーカムイに乗り換えて旭川に。
ゆうゆうだけなら間違いなく上白滝に行くのですが、
家内がいるので、満更嫌いでもない旭山動物園に行きます。

  

  

 


さすが北海道は5月でも寒かったので、家内の風が悪化して、
2時間足らずで引き返す事になりました。


旭川のゆるキャラ、アサッピー。

  
ホテルに戻って、コンビニで夕食を調達します。


3日目

  
いつものパターンで
ゆうゆうだけ始発のスーパーカムイで札幌まで出ます。
この後すぐに(多分この車両)が故障して、滝川~白石間が不通になりました。
風邪で発熱の次は列車が不通!果たして家内の運命やいかに!?

  
7:17
札幌市交通局の地下鉄と路面電車が乗れるフリーきっぷを買って、
お昼過ぎまでにすべての路線を乗りつぶします。
まずは南北線を札幌から麻生まで行って、折り返し戻り大通まで行きます。
東西線に乗り換えて西の宮の沢へ行き、大通に戻って東豊線を往復します。
再び東西線に乗り新さっぽろで終点です。

 
10時前から家内の電話やメールが頻繁に入るようになり、
何でもスーパーカムイが車両故障をおこして、
函館本線が不通になっているようです。
ゆうゆうにはどうしようもないので、とにかくトワイライトに間に合うように
札幌まで来るように言っただけです。

 
新さっぽろから再び大通に戻り、地上に出て路面電車に乗ります。

  
カラフルな路面電車。右の車両は新型の様です。


12:54
ぐるっと一周して大通に戻ると、残り南北線の大通~真駒内に乗車して、
札幌市交通局の路線をすべて乗りつぶしました。

10時前に旭川駅に着いた家内は、その時に函館本線が普通だと云う事がわかりました。 まずは路線バスを調べて13時半までない事がわかり、再び旭川駅に戻り ホームに到着していたカムイに乗って待つ事にしました。 11時には動くと言っていた車掌さんもいたり、16時ぐらいまで動かないと 言っている人もいたそうです。 滝川までは鈍行で行けそうですが、その後の事が分からないので、下手に動かないで待機する事になりました。
約1時間が過ぎ、一向に動かないので再びバス停に向います。タクシー乗り場では相乗りの乗客を集めていて、結局それで札幌まで行く事になりました。きっぷの払い戻しに時間がかかり(駅に払い戻しのお金がなくなったので、結局大阪でしました)タクシーに乗り込んだのは12時45分です。


13:33
札幌駅に戻ってきました。トワイライトの発車まで32分しかありません。
最悪飛行機で帰るように指示して、駅員さんに事情を説明します。
そうすると14:52発の特急に乗れば、洞爺でトワイライトに追いつくと言うので、
家内に札幌についたら駅員さんに名前を言う様にと伝えました。

 
14:05
トワイライト出発進行。
2分前のメールでは高速のインターを下りたところだそうです。

 
B個室シングルツイン。
家内は14時半過ぎに札幌に着きました。
駅員さんに名前を言うと旦那さんは?と聞かれました。
てっきり駅員さんは、ゆうゆうが札幌で待っていると思った様です。

  
16:30
果たしてスーパー北斗16号は定刻通り洞爺に到着しました。
跨線橋を渡ってきた家内の顔はひと回り小さくなった様に感じました。
3分後にはトワイライトも出発し、翌日の4:33新津まで駅には停まりません。


21:29
青森で機関車を換えるためにしばらく停車しています。

4日目


8:20
豊岡駅通過。城端線のキハ40が停まっていました。

  
8:30
遅めの朝食です。一昨日とメニューは変わりませんが、この1500円はお値打ちです。
何?一昨日のコメントと同じ?
違います。今日は値打ちと「お」が付きます。


敦賀で最後の機関車交換をします。


12:55
定刻通り大阪駅に到着。

 
きっぷの払い戻しをしますが、規則で旭川-札幌間ではなく、
旭川-白石間です。札幌~白石間が重複するからだと思いますが、
素直に納得できる人は少ないと思います。


家内と別れ、ゆうゆうはこれから私鉄乗りつぶしのお仕事?です。

  
地下鉄四つ橋線で終点の住之江公園に行って、そこからニュートラムと中央線で堺筋本町まで戻り、
堺筋線から阪急千里線に入り、南茨城から大阪モノレールに乗ります。

 
万博記念公園から彩都西駅を往復し、終点の大阪空港まで乗ります。

 
大阪空港では、しばらく航空機の発着を見学していました。


18:24
阪急をもっと乗ろうかとも思いましたが、もうすぐ暗くなって景色も見えなくなるので、
ここらで帰宅の途に就くことにしました。

  
19:08
阪急梅田駅。

 
20:00
難波で乗り、鶴橋から津までノンストップの近鉄特急で帰ります。

以上、北海道の旅のレポでした・・・・

このページの先頭へ戻る

青春18きっぷ博物館TOPへ!
青春18きっぷ紀行へ戻る