関東着手2日目

青春18きっぷ紀行

秩父鉄道三峰口駅のデキ1号

日付

2013年3月31日

目的

関東着手2日目
・東武鉄道 東上本線 乗りつぶし
・秩父鉄道 一部乗りつぶし
・西武鉄道 一部乗りつぶし
・小田急電鉄 小田原線 乗りつぶし
・伊豆箱根鉄道 大雄山線 乗りつぶし

詳しくはゆうゆうの鉄道乗りつぶしをご覧ください。

コース

3月30日
高田本山―桑名 桑名―名古屋―定光寺―古虎渓―多治見―岐阜―大垣―垂井―大垣――

3月31日
――東京―上野―赤羽―池袋 池袋―寄居 寄居―三峰口―御花畑 西武秩父―所沢―東村山―西武園―東村山―国分寺―萩山―拝島 拝島―新宿 新宿―小田原 小田原―大雄山―小田原 小田原―名古屋 名古屋―高田本山

路線

3月30日
近鉄名古屋線―中央本線―太多線―高山本線―東海道本線――

3月31日
――東海道本線―東北本線―赤羽線 東武東上線―秩父鉄道 西武秩父線―西武新宿線―西武園線―西武国分寺線―西武多摩湖線―西武拝島線―中央本線―小田急小田原線―伊豆箱根鉄道大雄山線―東海道本線―近鉄名古屋線


寿命までに私鉄の乗りつぶしをする事に決めたので、前倒しで先週に続き関東を攻略しました。まとまって乗りつぶせる所は後に取っておいて、比較的東京から遠距離の所を攻めます。東京駅より西側の方が路線が多いので、高崎線から反時計周りで乗って効率を高めます。できるだけ外堀から固めて行って、内側に向って渦を巻くようなイメージです。なかなかひと筆書きを描くようにはいきませんが、基本的にはそのセンで関東はやりたいと思います。


近鉄で名古屋に出ます。

 
名古屋の211系。

 
せっかく青春18きっぷで旅をするのだから、
今日の私鉄は忘れて、JRの駅巡りをしました。

  

  

  

  


  
アルプスに登るため中央道の古虎渓PAを通るたび、
こけいきょうと読んでいました。

 

  

  

 

  

 
8000番台の313系はセントラルライナー。
惜しみなく普通列車に使っていました。


多治見から太多線に乗り岐阜まで行きます。

  


キハ11形。1番台は紀勢本線と参宮線。
この100番台は高山本線と太多線を走っています。

 
岐阜から大垣へ。

 
垂井まで時間つぶし。

  
大垣行き上りで東京に上ります。


東京駅で見つけた東京駅の模型。


つるやでは、海鮮かき揚げうどん。

 
上野駅。


高崎線で赤羽まで行き、赤羽線で池袋に出ます。

 
東武鉄道東上本線。通称東武東上線。

 

 

  
東武東上線乗りつぶし制覇。

 
続けて秩父鉄道に乗ります。

 

 

 

 
これは一人噂では間違いなく101系です?

 

 

  
秩父鉄道終点の三峰口駅に到着。

  

  
西武鉄道の車両が乗り入れています。

 
鉄道車両公園。

 
ワキのワは有蓋車の意味。なぜワなのかは知りません。
キは重さの記号。ムラサキと一番重たい車両です。

 
テは鉄製有蓋車の意味。恐らく鉄のテでしょう。

 
スは鉄側有蓋車。これも意味が難しい。鉄が側面だけで、
屋根と床が木製なので軽いのでムです。

 
トは無蓋車。昔はワもトもよく走っていました。

 
ヨは車掌車。ニレチさんが乗る車両で、殿を務める車両です。

 

 
フは客車にも使われる緩急車の意味。ブレーキのフです。

  
Eは電気機関車。Dは車軸が4本の意味。

 
デキは私鉄の電気機関車。

  

  

  
当てずっぽうですが、デは電車。ハは国鉄の三等車。
クハニは国鉄の普通のクハニ。

 

 

  


急いで三峰口に還ります。


誰が付けたかクハ12?

  
山ガールは御花畑に行くと言って、トイレに行きます。
ヤローは雉撃ちです。

 

 
西武鉄道に行く引込線もありますが、
歩いて西武秩父駅に行きます。

  

  
500円を追加して何とかアロー号に乗ります。

 
飯能で進行方向が変わって、所沢まで行きます。

 

  
日高食堂で腹ごしらえ。先週は柏でした。

 
所沢から東村山まで行って、西武園線を乗りつぶします。

  

  
次は東村山か国分寺まで国分寺線を乗りつぶします。

  
国分寺から多摩湖線で萩山に。

  
萩山から拝島線で拝島に到着して、今日の西武鉄道はこれくらいにしておきます。


拝島からどうしようかと迷いましたが、ここらでウロウロしていると新幹線で帰らなくては
ならないので、オバQ線だけ乗って小田原から帰る事としました。

  


中央本線を新宿まで戻ります。

 

  
オバQ線・・じゃなくて、小田急電鉄小田原線をロマンスカーっぽい列車に乗ります。

  
続いて伊豆箱根鉄道大雄山線を乗りつぶします。

 

  
小田原からは東海道本線を乗り継いで名古屋まで戻ります。

 
梅じゃこめし。駅弁には認知されていませんでしたが、小田原駅のコンコースで売っていました。

  
熱海からは、腐れ縁の211系で浜松まで乗ります。

 
浜松から豊橋まで、ホームライナーは373系。
言わずと知れた元祖ムーンライトながらです。
豊橋からは普通列車になって名古屋までこれで行きました。
お陰で?311系と313系に乗る事ができませんでした。


23:22
名古屋からは近鉄で高田本山まで乗り、家まで歩きです。

このページの先頭へ戻る

青春18きっぷ博物館TOPへ!
青春18きっぷ紀行へ戻る