水郡線再訪

青春18きっぷ紀行

上菅谷駅の130形気動車

水郡線の上菅谷駅

日付

2011年3月24日~26日

目的

・水郡線再訪
・只見線再訪(災害のため不通)
・会津若松で喜多方ラーメンを食す
・E130系気動車に初乗車

コース

3月24日
一身田―亀山―名古屋―大垣―美濃赤坂―大垣――

3月25日
――東京―上野―我孫子―水戸―上菅谷―常陸太田―上菅谷―郡山―会津若松―郡山―黒磯―(新白川)―大宮―与野―浦和―上野―東京――

3月26日
――名古屋―亀山― 一身田

路線

紀勢本線―関西本線―東海道本線―常磐線―水郡線―磐越西線―東北本線―東海道本線―関西本線―紀勢本線



今年は雪が多いので、せっかくなら日本一豪雪地帯の只見線に行く事にしました。ところが、時刻表で確認すると、災害のため普通になっていたので、1988年7月20日に乗った水郡線を実に24年ぶりに再訪してきました。実は、内房線の竹岡駅で「ポスター撮影紀行」のシーンを撮影しようと思って、中山エミリが載っているチラシをカラーコピーしていましたが、持って行くのを忘れてしまい、とっておいた時間で、磐越西線で会津若松まで足を伸ばした次第です。

1日目

 
一身田駅から出発。


名古屋から大垣まで行き、美濃赤坂まで乗って時間をつぶします。

  
この駅も17年ぶりに再訪です。


この路線は、東海道本線の支線となります。

  


再び大垣に戻って、ムーンライトながらに乗り込みます。

2日目

 
5:05
定刻通り東京に着き、すぐに上野まで移動します。

 
いつものつるやでブレックファースト。


上野から我孫子まではE231系。

  
途中でスカイツリーが見えました。
首都高の証明が、ちょうどスカイツリーと同じ高さに見えます。

  
E233系とE531系。

  
E653系と両端が新たに登場したE657系。


水戸駅に到着。

  
キハE130系。

  


常陸太田駅。

 
上菅谷駅。

 
郡山の719系。

 

 


会津若松駅。

  
喜多方へ行かなくても、予想通り喜多方ラーメンがありました。


目的達成で帰路につきます。


雪が降ってきました。


郡山からは東北本線で帰ります。列車はE721系。


ゆうゆうが21年間暮らしたさいたま市の大宮駅。


与野駅から近い天徳湯で汗を流します。


高山商店魚次。レバーのレア焼が絶品でした。

  
焼き鳥の写真。

  
左は、1914年の東京駅開業の時から残っているホームの柱。
中と右は零キロポスト。

  
いつもの喫煙所で。

  
昨年より189系といえばキハ189系ですが、183系の碓氷峠版の189系が36年ぐらい早いです。
189系電車とか189系気動車で分けた方がわかりやすい。
キハ189系にグリーン車ができたら、キハ189系キロ189形・・おかしい!


ひょとしたら、東京駅で国鉄色の列車は唯一かも?

3日目


名古屋から313系。

 
亀山からは、キハ11が実に4連。
JR東海にキハ25形が増えたおかげでしょうか?


帰りに三毛猫が!うちのミーちゃんの嫁にしたくなりました。
なぜメスとわかったのでしょうか?外れる確率は10万分の1だそうです。

このページの先頭へ戻る

青春18きっぷ博物館TOPへ!
青春18きっぷ紀行へ戻る