キハ58 ラストラン

青春18きっぷ紀行

キハ28 2360とキハ58 477の2連。一般運行終了までの残り日数は、あと6日となりました。

日付

2011年3月5日~6日

目的

・58系気動車 最後の乗車
・419系 乗り惜しみ
・485系 写真見学
・富山市役所より剱岳展望
・西高岡駅にて形式写真撮影

コース

8月21日
近鉄 高田本山―塩浜―近鉄 名古屋 名古屋―岐阜―美濃太田―下呂―高山―猪谷―富山―石動―福岡―富山―越中八尾―富山
8月22日
富山―直江津―富山―金沢―野々市―金沢―西高岡―富山―猪谷―高山―美濃太田―岐阜―名古屋 近鉄 名古屋―白子―近鉄 高田本山

路線

近鉄名古屋線―東海道本線―高山本線―北陸本線―高山本線―東海道本線―近鉄名古屋線


今まで淘汰されてきた列車は数多くあれど、まさかこんなに早く58系が絶滅するとは、思ってもみませんでした。気動車で云うと、昨年には20系のキハ52がなくなりましたが、次の世代の40系が現役で、その40系の年代と58系の年代が同じだと思っていましたので、58系だけがなくなる事は信じられません。20年前に生まれた子供が、親が死んだ1年後に旅立った、と云う感覚です。181系も亡くなってある程度は覚悟はしていましたが、40系の活躍を見ると、まだまだ仕事をやれたのではないかと思います。現に、昨年も東日本、西日本、九州で健在でしたので、何か無理やり絶滅させられた気分です。

1日目

 
近鉄の高田本山駅を、始発で出発します。

 


近鉄名古屋駅から、直通の連絡路でJRホームに行きます。


以前はこの時間では、
名古屋から岐阜までムーンライトながらで行っていましたが、
今は313系になっています。

 
岐阜駅到着。

 
美濃太田までは、キハ11で向います。


117系を期待しましたが、313系でした。

 
683系が行った後に出発進行。

  
美濃太田で、40系に乗り換えます。高山本線は紀勢本線と違って、きっちりキハ48の2連が多いと思いました。

 
こんな分かりやすい標識ははじめてです。

  
白川口駅で、しばらく特急の通過待ちをします。
石油ストーブがドカンと置いてありました。

 
特急ひだは特急南紀と同じ85系です。

  
寒そうに見えませんが、左の写真は霜がぎっしり降りています。

  
2003年の春と2010年の冬に、ここから撮影した青春18きっぷのポスターが使われています。

  
下呂駅に到着。

 

  
30分ほど時間があったので、近くを探索します。


下呂から高山までは、普通列車がないので、キハ85でワープをします。

  
高山で、約1時間の間に昼食をします。

  
なめこおろしとラーメン。


アルピニスト交番。
登山道を教えてもらえるのでしょうか?

 
たまにキハ40もいます。


てっちゃんの駅寝用洗面台?

 
左乗鞍岳。右笠ヶ岳。
ゆうゆうは笠新道から日帰り登山をした事があります。

  
北上するにつれて、だんだん雪景色になってきました。

  
3月なのに、今年は雪が多いです。

  


猪谷到着。40分ほど休憩です。

  
駅前の橋を渡ってきました。

  
流れる川は神通川です。

 
ここはJR東海とJR西日本の境駅。
東海色のキハ40から富山色のキハ120に乗り換えます。

 
岩と氷の殿堂、剱岳。

 
立山と薬師岳。

  
富山駅に着くと、さっそく419系が顔を覗かせてくれました。

  
キハ58の引退が、こんなに大騒ぎになっているとは思いませんでした。

 
ちょうどおやつの時間だったので、立山そばを食べました。

  
昨年訪れた時は工事中だったアパ・ヴィラ・ホテルで、剱岳がよく見えるところがないか聞いたら、
専用の展望台を教えてもらいました。
屋上に連れていってもらう事を期待していましたが、
結果こっちの展望台の方がよかったと思いました。

  
剱岳、立山、薬師岳がよく見え、
ちょっとだけ菰野から見た鈴鹿山脈を思い浮かべましたが、
何分にもスケールが違います。


やっぱり剱岳だけは別格です。

  
展望台の正体は、富山市役所でした。

  
富山駅戻って、キハ58が動く7時まで、てっちゃんをして時間をつぶします。


どうやらこの看板はきっぷをイメージしている様です。
右がはさみのあとと思うのですが?


419系。

  
これだけ左右の顔が違う列車は、他にはありません。

  
今走っている513系も、最後はこんな風にして走ってもらいたいです。

  
一番いいのは、この車両を急行きたぐに使ってもらいたいです。


電車なのに、181系気動車を思わせる側面。

 
ここのあかはる(赤い青春18きっぷ)をよく見かけます。

  
ここは富山県高岡市。なぜか福岡駅があります。
そして、なぜか福岡県に福岡駅はありません。
ここで時間が来るまで、形式写真を撮る事にしました。

 
左は明らかに681系ですが、右は681系か683系か区別がつきません。

 
413系や451~475系も、正直違いは分かりません。
交流だと云う事と急行型の車両を再利用している事が共通点ですが、
この413系の方が新しいと思います。


いよいよ、キハ58に乗る時間が迫ってきました。
去年に見た時とは違い、ヘッドマークも付いていて実にカッコいい!
今回数えたら85枚撮れていました。選りすぐりとまでは行きませんが、
比較的写りのよかった写真をお楽しみください。

  

  

  
キハ28とキハ58の違いが分かりますか?

 

  


19:09 備中八尾行きが出発します。

  

  
車内の様子。

 
27分で到着。13分の後に再び引き返します。

  


  

 
回送される前に車内を撮っておきました。

 
681系と並んで記念撮影。

  
エンジン音を鳴り響かせながら、白い煙を上げて去って行きました。
これで思い残すことはありません。

 

 
ホテルでチェックインをして、夕食を摂りに外に出ます。


昨年の、JR西日本路線完全制覇で祝杯をあげた、「居酒屋かっぽうぎ」で、
今日も飲んでいます。
その時のレポはコチラ・・・・

2日目に続く・・・・

このページの先頭へ戻る

青春18きっぷ博物館TOPへ!
青春18きっぷ紀行へ戻る