城端線乗りつぶし

青春18きっぷ紀行

本州の旧国鉄路線、乗りつぶし完全制覇の瞬間!

富山駅で遭遇した、キハ58とキハ28の2連!

日付

2010年8月21日~22日

目的

・城端線 乗りつぶし
・国鉄富山港線 乗りつぶし
・JR西日本の国鉄路線 完全制覇

コース

8月21日
一身田―亀山―名古屋―米原―長浜―敦賀―福井―金沢―富山 富山駅北―岩瀬浜―富山駅北 富山―高岡―城端―高岡―富山

8月22日
富山―浦本―糸魚川―南小谷―白馬―信濃大町―松本―新島々―松本―塩尻―名古屋―津

路線

紀勢本線―関西本線―東海道本線―北陸本線―富山ライトレール―北陸本線―城端線―北陸本線―大糸線―篠ノ井線―中央本線―関西本線―伊勢鉄道



JR西日本の国鉄路線、城端線と富山港線を乗りつぶしてきました。これで、JR西日本の国鉄路線は制覇。乗りつぶしの基となっている、1987年(昭和62年)6月30日現在のJR線を、北海道を除くとすべて乗りつぶしたことになります。

1日目

 
最寄りの一身田駅から、始発で出発します。


北陸に行く場合は、いつも草津線で東海道本線に出て、
北陸本線か湖西線で行きますが、今回は関西本線で名古屋に出て、
東海道本線を米原まで行きます。
名古屋では、ビックリイカ天きしめんを朝食にしました。


名古屋~米原間は、ムーンライトながらで東京に出る時に
何度も通っていますが、大垣からの始発に間に合えばいいので、
ほとんど夜しか乗りません。
今回、大垣~米原間を明るい時に通ったのは、実に10年ぶりぐらいです。


米原駅の立ち食いそば屋。
どこかで見たことのある風景と思った人は、青春18きっぷ博物館をよく見ている人です。


伊吹山。

 
長浜駅で見た681系。


湖西線が近づいてきました。


521系。

 
小浜線の125系。さかさまににすると521系。

 
今庄の日野山。

 
敦賀以北になると、419系がお目見えしました。

 
棚に何が置いてあるかと思ったら、乗車整理券の発券機でした。

 


EF81のフレートライナー。顔が傷だらけの機関車でした。


521系に乗って金沢駅に到着。

 
北越急行の681系と483系。


七尾線の415系。


通称食パン列車。今回初めて419系に乗って富山まで行きます。

 
車内は581系そのままです。


トイレの右のスペースには、洗面所があったと思います。


寝台を下ろしてセットしたい衝動に駆られます。

 
581系を改造するときに、窓が開くようにしたのでしょうか?


ドアは内側に開きます。近鉄特急みたい。


再びEF81をGET!2号機でした。

 

 
富山駅では、419系のオンパレード。
これだけの数が生息しているとは、思いもよりませんでした。

 
カラフルな、高山線のキハ120形も登場。

 
富山ライトレール。

 
しばらく路面電車で走っていて、
旧国鉄富山港線になります。

 

 
富山ライトレール株式会社。

 
いろんな色の車両があります。

 
終点が見えてきました。


富山港線乗りつぶし達成!
あとは、城端線に乗れば、本州の国鉄路線の乗りつぶし達成となります。

 
昔はJRと繋がっていたので、無理すればこのまま東京まで行けるはずです。


富山駅北に戻りました。


暑さ対策で、ホームの屋根から人口ミストが出ていました。


再び富山から高岡に戻ります。

 

 
419系の、エアコンと運転席。


トワイライトエクスプレスGET!

 
高岡駅到着。城端線は1番線から出ます。


機関車の回転台。現役で使っているように見えました。

 
キハ47形の2連。扇風機はJNRの文字が?

 
昭和62年に、何となくJRの乗りつぶしをはじめてから、はや23年。
廃線で乗れなくなった路線を除けば、旧国鉄の路線も含めて、
本州の国鉄路線をすべて乗りつぶしました。
九州と四国はすでに完了しているので、後はJR北海道のみとなりました。

 
夕日に映える情景。

 
そろそろ宿を予約している富山に戻りましょう!

 
富山駅では、419系にもまして、懐かしい車両に出会うことができました。
まず、デカ目が特徴の475系。多分ゆうゆうと同じ歳ぐらいです。

 
そして、キハ58系も、キハ58とキハ28の2連。
10年以上前に、紀勢本線で定期便が走っていた時以来の再会です。


今までで、一番うまくいった流し撮り。


南口の路面電車。

 
こちらは、一人宴会の会場。

 
日本ビジネスホテルで宿泊。
実に国際的な名前ですが、日本風ビジネスホテルと云った感じです。

2日目


日本ビジネスホテルをあとにします。


富山駅は駅舎が工事中でした。

 
一番列車も縁起のいい419系でした。


この椅子がベッドになるなんて信じられます?


朝飯前の朝飯。

 


剱岳。間違いありません!


昨日に続き、トワイライトエクスプレスを辛うじてGET。
ちょうど糸魚川駅に着いたところでした。

 
デットセクション突入!しばらく停電状態で列車は走ります。


糸魚川から大糸線に乗り換えるのにかなり時間があったので、
わざと乗り過ごして、浦本駅で途中下車です。

 

 

 

 
歩いて1分で日本海です。

 
反対側のホームには、小路を通って行かなければなりません。

 
線路をくぐります。

 
湧水のタンクでしょうか?コンクリートから水が漏れ出していました。

 
隣のホームに行くにも、ちょっとした旅をした感じです。


デカ目の457系。

 
国鉄時代は急行だったのでしょう。洗面所が設置されています。
突然ですが問題です。
洗面台の左の丸いものは何でしょう?

 
糸魚川駅到着。

 
419系も見おさめです。


大糸線の120形気動車。


少し早いブランチ。


北陸新幹線の工事が進んでいます。


今年の3月まで、20系気動車のキハ52形が走っていました。


8:15糸魚川駅を出発。

 
南小谷までの約35キロを、1時間以上かけて走ります。

 
大糸線は3回目ですが、これだけ車窓から景色を眺めたのは初めてです。

 

 

 

 

 
南小谷駅。

 
はじめて白馬駅で途中下車しました。
山の名前はシロウマ岳ですが、その他は駅名も含めてハクバと読みます。
シロウマは、元々は代馬と書いたそうです。

 
信濃大町駅。

 
松本駅到着。意外と背が低い駅でした。

 
本場信州そばを、駅のホームで食べる喜び。


長野県では定番の115系。


E257系とE351系。


ソフトクリーム。消費税込みで100円でした。

 
松本電鉄にはじめて乗ります。


上高地からの帰省客で、道路は大渋滞となっていました。

 
終点の新島々。もっと登山客がいるかと思いましたが、
近鉄の湯の山温泉駅と大して変わりませんでした。


再び松本に戻って、これから本格的?に家に帰ります。

 
塩尻駅は、中央本線の中間駅。左が東京で右が名古屋です。


ほとんど毎年登っている御嶽。
中央本線からはじめて見えました。

 
383系と、EF64のフレートライナー。

 
名古屋に戻った頃には、既に日が沈んでいました。


津駅前の扇やで一人ご苦労さん会。


津駅から最終バスで自宅に帰ります。

青春18きっぷ博物館TOPへ!
青春18きっぷ紀行へ戻る