丸森線

青春18きっぷ紀行

日付

2010年1月16日~19日

目的 国鉄丸森線 (阿武隈急行) 乗りつぶし
コース

1月16日
高田本山―白子―名古屋――
1月17日
――東京―上野―宇都宮―黒磯―郡山―福島―槻木―仙台―原ノ町―いわき―土浦―上野―東京――
1月18日
――名古屋―亀山― 一身田

路線

近畿日本鉄道―東海道本線―東北本線―阿武隈急行―東北本線―常磐線―東北本線―東海道本線―関西本線―紀勢本線

下車印 上野、宇都宮、黒磯、新白河、郡山、福島、槻木、仙台、原ノ町、いわき、水戸、土浦、ひたち野うしく

旧国鉄丸森線(現、阿武隈急行)を乗りつぶしてきました。残るJR東日本では、真岡線(真岡鉄道)のみとなります。正に聴パッタというところでしょか?
時刻表では、新幹線を使えば、一日で二つの路線を乗りつぶせましたが、新幹線代が勿体ないのと、常磐線の岩沼~いわき間を23年ぶりに乗りたくなったので、あえて丸森線ひとつに絞りました。

国鉄丸森線は、丸森から槻木を結ぶ全長17.4キロの路線で、1968年4月1日に開業しました。その後、1986年7月1日に阿武隈急行へ移管され、2年後の1988年7月1日に、福島~丸森(37.5)間が延伸開業し全通となりました。

あらかじめ津駅で近鉄の乗車券を買っておきます。

 

最寄りの高田本山駅を出発。

 

白子駅で急行に乗り換えます。

 

名古屋駅の様子。

本日分の乗車券を購入します。

 

富山県と白馬村の広告。
滅多な事は言えませんが、
写っている山は、剱岳と白馬岳だと思います。

 

189系の車両を使っています。

ながらが臨時列車になってから、
運転日が青春18きっぷ専用のようになってしまいました。

 

毎回恒例ですが、上野駅前のつるやで朝食をとります。

 

上野から宇都宮まで、E231系で行きます。

さいたま新都心。

宇都宮では、日光色の107系が停まっていました。

 

いつも進行方向の右側に腰掛けるのですが、
今回は気分を変えて左側にしました。

 

黒磯からは交流路線。
E721系に乗り換えます。

直流機関車のEF210も、ここからは北に行けません。

 

先頭車両のフロントガラスから、
北斗星を捉える事ができました。

うっすらと雪景色になってきました。

地吹雪をあげて疾走するEH500のフレートライナー。

新白河でしばし休憩。途中下車をします。

 

鏡石付近で、またEH500のフレートライナーとすれ違いました。

足のサイズが2つある719系。こちらは、
いわゆる在来線仕様の狭軌タイプです。

前方は安達太良山の方向でしょうか?

福島駅に到着。

阿武隈急行の福島駅入り口。
福島交通飯坂線もここから出発します。

 

昔ながらのきっぷ売り場といった感じ。

 

この手の車両は最近どこかで見た覚えがあります。
思い出したら報告します。

 

福島駅の駅ビルで買った駅ビル弁。

 

那須の山を水源とする阿武隈川。

 

兜駅とあぶくま駅。

 

トンネルの重連。

 

水面の鴨と、旧国鉄丸森線の終着駅の丸森駅。

 

ここからは、国鉄時代に思いを馳せます。
東船岡駅を過ぎると、東北本線と合流します。

 

槻木駅に到着。

 

仙台が近づくに連れて、列車の往来が増してきました。

 

三電源方式交直流電気機関車EH500と、
交流機関車ED75。新旧揃い踏み。

杜の都、仙台に到着。

 

滞在時間は45分です。その間に、夕飯も調達します。

 

これから常磐線のE721系に乗り、ひたすら我が家を目指します。
800キロ弱といったところです。

E2系新幹線GET!

名取駅。仙台空港鉄道の分岐。

常磐線のいわき~岩沼間は、実に23年ぶりに乗りました。
その頃はまだ、いわき駅は平駅という名前でした。

 

亘理駅と浜吉田駅。

 

駒ヶ嶺駅にて撮影。

相馬と言う名前は、個人的に深い思い出があります。 
遡ること25年前、それは・・・・

 

原ノ町で415系に乗り換えます。

23年前に常磐線から海が見えたと記憶していましたが、
この海を見たかはわかりませんでした。

 

末続駅。すえつぎと読みます。
5時になりましたが、ゆうゆうの家より10分ぐらい
早く、陽が沈む感覚です。

411系じゃなくて415系なのは、ゆうゆうにとって
イマイチ理解できませんが、世の中そんなモンでしょう!?

 

携帯のGoogle検索で、銭湯を探していましたが、
いわき駅のランドホテルを探し当てました。
500円で入れました。

 

もらったロッカーのキーは、001。
こいつぁ~春から縁起がいいわ!

お風呂に入れるホテルという事で、
ラドンホテルと読んでしまいました。

  

いわき駅はただいま

 

仙台駅で買った八戸駅のいかめし。

 

ベンチシートであまり駅弁食っているやつはいませんが、
東京近郊に来ると致し方ありません。

水戸駅で買った水戸納豆。
これを食べると、
ゆうゆうン家近辺のスーパーで売っている納豆が、
偽物に思えてきます。

 

E531系はE231系に似ていますが、
そのコンセプトは451系を踏襲しています。

常陸の牛久?日立の牛久?
牛久のひたち野ですが、たぶん前者のどちらかです?

 

上野駅から山手線に乗ります。

 

古くなって数が少なくなった列車にこだわるゆうゆうですので、
東京駅唯一の喫煙所には、凝り固まってしまいそうです。

 

ながらも折角臨時になった事だし、
ゆうゆうの希望としては、169系で運転してもらいたい!
去年、しなの鉄道に乗ったら、169系ようけあったで!

銀河もなくなり、富士もはやぶさもなくなり、
ながらも臨時扱いに。

 

考えてみたら、40年前に乗った「大垣行き」よりはるかに快適になっていました。

 

はじめて乗った大垣行きは、確か111系でした。

 

名古屋からの211系と亀山からのキハ11形。

一身田で下りて、高田本山を通り、帰宅して出勤です。

ナマ券の青春18きっぷ。

マルス券の青春18きっぷ。
ゆうゆうの人生で、このパターンが続きますように・・・・。
つづく・・・・!?

青春18きっぷ博物館TOPへ!
青春18きっぷ紀行へ戻る