紀伊半島一周の旅

青春18きっぷ紀行

日付

2010年1月4日

コース

一身田(5:46)―亀山―加茂―天王寺―和歌山―御坊―紀伊田辺―紀伊勝浦―新宮―多気―一身田(21:34)

路線

紀勢本線―関西本線―阪和線―紀勢本線
参加メンバー ゆうゆう、やまねこさん、コスモスさん、さっちゃん


2010年最初の旅は、山岳同好会やまびとのメンバーのお姉さま方3人と、亀山から紀伊半島を1周してきました。
ゆうゆうは、最寄の一身田から乗って、亀山で3人待ち合わせ。
関西本線で天王寺に行きます。軽くブランチをしながら、阪和線で和歌山に着きました。30分ほど時間があったので、和歌山電鐵のホームでおもちゃ電車(OMODEN)を見学します。
御坊ではランチタイム。ゆうゆうは和歌山ラーメンを食べました。
紀伊田辺からは新宮行きの2333Mに乗り、紀伊勝浦で途中下車をします。次の2335Mが来る1時間半の間に、温泉に入るという魂胆です。一応、携帯のGoogle検索で、銭湯をキープしたのですが、タクシーの運転手さんがきよもん湯を紹介してくれたので、そこで汗を流しました。
紀伊勝浦駅と新宮駅でさんま寿司とめはり寿司を買って、多気行きのキハ48でみんなで食べました。
最後は、多気から亀山行きのキハ11に乗り、ゆうゆうだけ一身田駅でお別れです。
約560キロの行程は、まともに運賃を払うと8500円ほどかかるので、青春18きっぷは貧乏旅にはもってこいです。

一身田駅からスタート。

 

駅舎の様子。

天王寺駅で見た103系は、絶滅が危ぶまれています。

113系の車内で。

 

和歌山電鐵には、おもちゃ電車が停まっていました。

 

車内には、おもちゃの展示がびっしり。

 

今日はたま駅長はお休みだそうです。

御坊の駅で食べた和歌山ラーメン。

 

かえるの鉄橋。

 

紀伊田辺からは、ベンチシートの105系に乗ります。

 

周参見(すさみ)駅と見老津(みろづ)駅を通過。

 

海岸線をひた走ります。

今日は天気もよく、ほとんど凪の海です。

 

江住(えすみ)駅の駅舎。

 

283系のオーシャンアロー22号とすれ違いました。

休んでいる扇風機。

 

串本は本州最南端の駅です。

 

橋杭岩(はしぐいいわ)と古座川。

古座から下里の間は、海岸線ぎりぎりのところを走ります。

 

 

 

スーパーくろしお30号。381系です。

 

紀伊勝浦で途中下車をします。

 

駅前には温泉の街らしく足湯がありました。

 

タクシーできよもん湯に行きました。

 

新宮駅。キハ85系の特急南紀が停まっていました。

 

キハ40系の列車は、正統派のキハ48形二連でした。

伝統?のホーム洗面所。

さんま寿司がキハ48形で、めはり寿司がキハ40形の四連。
実際に紀勢本線を走っているパターンです。

青春18きっぷ博物館TOPへ!
青春18きっぷ紀行へ戻る