房総半島一周

青春18きっぷ紀行

内房線 鴨川付近から見た太平洋

日付

2009年3月14日~16日

コース

3月14日
一身田―亀山―加佐登―四日市―名古屋―大垣――
3月15日
――東京―上野―秋葉原―錦糸町―千葉―木更津―館山―安房鴨川―大網―成東―銚子―犬吠―銚子―旭―千葉―東京――
3月16日
――名古屋―亀山― 一身田

路線


紀勢本線―関西本線―東海道本線――東北本線―総武本線①―総武本線―内房線―外房線―東金線―総武本線―銚子電気鉄道―総武本線―東海道本線――関西本線―紀勢本線

参加メンバー ゆうゆう、やまねこさん、なおさん、さっちゃん


去年の3月に、なおさんと二人で九州に行ったのを聞きつけて、やまねこさんとさっちゃんが「私たちも電車ゴッコしたい!」との要望があったので、菜の花がきれいな房総半島に行ってきました。
臨時ムーンライトながらで東京に出て、秋葉原から千葉に行きます。そこからは内房線と外房線を乗り継いで、大網に行きます。途中、木更津駅で駅弁を買って、館山駅で食べました。大網から東金線でショートカットをして、総武本線で銚子に行きます。銚子電鉄で犬吠埼を観光し、再び総武本線で東京まで戻って来て、ムーンライトながらで帰ってきました。
何といっても、ゆうゆうにとっての目玉は、この3月14日のダイヤ改正で臨時運転となった、ムーンライトながらに初日乗車できたことです。車両は、ムーンライトながら91号、92号で使用していた、183系と189系ですが、新しい時代の幕開けを感じさせる遠征でした。
リクライニングは、373系の方がよく倒れて寝易いと思いますが、183系と189系は特急形車両。独立したデッキがある車内は、やはり風格が感じられます。東京に到着する時刻は、373系の4:42に対して5:05。以前は、東京から上野までの山手線も、上野から出る東北本線、高崎線、常磐線も、すべて始発で行動開始することができましたが、今回からは、二番列車になってしまう事が残念です。その代わり、下りのながらは名古屋に5:22に着くので、関西本線を始発で帰ることができます。

ルミックスで撮ったスナップ写真

 

夕方、一身田駅を出発。

 

亀山駅で待ち合わせでしたが、
時間があったので加佐登まで行ってきました。

再び亀山に戻り、なおさんとさっちゃんと合体・・じゃなくて合流。
四日市では、やまねこさんと合体・・じゃなくて合流。

 

とりあえず名古屋駅で晩酌。

 

はじめての3人には、基本を体験してもらうために、
始発駅に連れて行きます。

 

183系と189系の混合列車。

御徒町のマック(三重県ではマクド)で、ブレックファースト。

帰りのながらは小田原で立往生。
本来は1分の停車ですが、1時間ほど停まっていました。

 

これからしばらくお世話になりそうです。
いつまでも廃止になりませんように。

EOS KISS X2で撮ったスナップ写真

木更津駅。

 

昼食の駅弁を買います。

富士山が・・見えます?

さっちゃんとやまねこさんとなおさん。

 

 

たぬき味の?バーベキュー弁当。

 

 

鵜原、御宿、太東、よく波乗りに行きました。

 

大網、成東、銚子へと乗り継ぎました。

 

銚子駅前の様子。

銚子電気鉄道の駅。

犬吠駅で降りて、犬吠埼を観光します。

 

 


惜しい?

 

京成ホテルでお風呂に入ってきました。

 

 

知事選の真っ只中でした。

 

犬吠駅。

 

銚子駅前で夕食。

横須賀色?の211系。

 

211系っぽい現象?

東京駅。銀の鈴。

東京駅。10番線にて。

青春18きっぷ博物館TOPへ!
青春18きっぷ紀行へ戻る